2012年10月18日

桃屋の食べるラー油〜こんにゃくレシピ

桃屋の 辛そうで辛くない少し辛いラー油の
瓶を開けると 鮮やかな赤いラー油が目に飛び込んできます。

厳選したなたね油とごま油と、色合いの良い粗挽き唐辛子で抽出した鮮やかな色のラー油に、
小さく刻まれた 香ばしいフライドガーリックとフライドオニオンがたっぷりと入っています。
そのまま食べる事もできる、旨さと食感を楽しむ 桃屋食べるラー油です。
家族も恐る恐る食べるのですが、本当に、辛そうで それほど辛くないラー油です。


辛そうで辛くない少し辛いラー油 110g

内容量   110g

原材料名  食用なたね油、フライドガーリック、
食用ごま油、唐辛子、フライドオニオン、
唐辛子みそ、砂糖、食塩、パプリカ、すりごま、
オニオンパウダー、粉末しょうゆ(小麦を含む)、
調味料(アミノ酸)、酸化防止剤(ビタミンE)

栄養成分値 (100g当り)エネルギー/656kcal、
たんぱく質/5.4g、
脂質/62.3g、
糖質/15.1g、
食物繊維/6.4g、
ナトリウム/1.6g、
 食塩相当量/4.1g


女性に嬉しい 腸をお掃除してくれて ローカロリーな食材
こんにゃくを使ったレシピです。

【ピリ辛こんにゃく】


材料 2人分
黒こんにゃく 1枚(約220g)
ごま油    小さじ1

A
酒 大さじ2
辛そうで辛くない少し辛いラー油 大さじ1
砂糖・しょうゆ 各大さじ1/2


@黒こんにゃくは小さめの一口大にちぎり、
 下ゆでしてザルに上げる。
Aごま油で表面がチリチリとして焼き色がつくぐらいまで
6〜8分弱火で気長に炒め、Aを注ぐ。
Bほとんど汁気が無くなるまで1〜2分炒めます。


調理時間は10分ほど あと1品ほしいな〜というときにも
おすすめです。





おせち料理通販
posted by 食べるラー油ナビ at 05:58| 桃屋 ラー油 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月16日

食べるラー油のレシピ 〜レンコン

レンコンを使った 食べるラー油のレシピです。


これから レンコンと食べるラー油を使っての
1品をご紹介しますね。

簡単に食べるラー油でつくるレンコンきんぴらのレシピです。

お好みで 辛い食べるラー油でも
それほど 辛くない食べるラー油でも
美味しいです。


レンコンは天ぷら・煮物・きんぴらにして食べます。
あのしゃきしゃき感が歯ごたえがいいですね。



まずは レンコンについて

レンコンは 穴があいていているので
『見通しが利く』ということで
縁起の良い野菜で、 お正月の料理食材のひとつです。

レンコンの季節は これから ・・・というイメージが強いのですが、
実は レンコンは年間を通して生産されており
そして 通年野菜の代表格だったりします。


そんなレンコンが秋口から冬場にかけて出回るというイメージが強いのは
年末年始に食べるから かもしれませんね。

レンコンの生産量トップは 徳島県になります。


★レンコンの栄養

ビタミンC。
本来熱に弱いビタミンCですが、
レンコンがデンプン質主体のため加熱しても分解されにくいです。
タンニンも含まれているので消炎止血作用があり、
胃潰瘍、十二指腸潰瘍、血便、鼻血などに効果的です。



★レンコンきんぴらのレシピ

レンコンは 暑すぎず 火の通りやすい3ミリ前後にきって
酢水につけます。

食べるラー油とごま油で レンコンを炒めていきます。
(レンコンの水気はしっかりと キッチンペーパーでふきとります)

あとは普段の調味料、酒・砂糖・醤油を入れ 汁気がなくなるまで
煮ていきます。

※レンコンの水煮もスーパーにありますが
そうでないものの方がおいしいかもしれませんね。


チーズケーキ通販
posted by 食べるラー油ナビ at 06:17| 食べるラー油 食べ方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。